読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NINSHIKI-CHANGE-theWORLD ~認識が世界を変える~

あなたの生き方、思考方式、人間関係を次元上昇させるメタ情報知識へようこそ!

大人になったら全てがわかる!そんな事を考えていた幼少時代の話

幼いころの話。

 

物知りで厳しい九州男児父親と、

周りを優先させる優しい母親の間に生まれ育った私は、

近所に年上のお兄さんたちばかりがいた環境で育ちました。

 

物知りで厳しい父に怒られ、殴られ、怒鳴られるたびに、

近所のお兄さんたちの圧倒的な運動能力をみるたびに、

大人になれば、この世の全てがわかるんだ。

大人になれば、なんでも出来るようになるんだ。

 

そんな思いを持って生きるようになりました。

f:id:NINSHIKI-CHANGE-WORLD:20170109011440j:plain

 

しかし、それは誤った思い込みの宇宙を展開してくスタートでした。

近くにいる大人には、質問や問いかけをよくしては、困らせていました。

 

「なぜ、電車や車はあんなに早く走れるのに人間は遅いのか」

「なぜ、宇宙は真っ暗闇なのに、空は青くみえるのか」

「なぜ、テーブルと箸は木製なのに、食器は陶器や鉄製なのか」

 

細かい質問をすればするほど、答えられなかったりはぐらかす大人たち。

「そんな事より勉強すればいいんだ!」とまで言われ。。。

 

「大人はほんとうの答えを知らない。。。」

「ほんとうの答えを知らないのに、なんで怒ってくるんだ。。。」

 

全ての質問に答えがほしかった心は、学問の中の科学に興味が向き始めます。

科学と数学なら全てを解き明かせるのではないのか?

 

しかし、それもすぐに諦めと挫折に代わりました。

理論が覆ってしまう事や、だいたいはわかっているけど、実はまだ研究中との事。

 

「そうか、、、誰も答えを知らないんだ。

 答えなんてどこにもないのかもしれない。」

 

さらに、誰も質問を持たないし、周りの友人に興味も持たれないので、

「知った所で、何の役にも立たないのかもしれない。。。」

 

年齢を重ねるに連れ、受験戦争の中で打ちひしがれ、

ついには、答えについて、考える事も辞めてしまいました。

 

本当の答えを知りたい。

この心ともう1度出会うのは、高校、大学を卒業し、

某有名大企業に勤めて数年経った頃でした。

 

 

次回に続く

 

ninshiki-change-world.hatenablog.com

ninshiki-change-world.hatenablog.com